変わるのヒント

広島筆産業 > コラム > 変わるのヒント > 【二重の方へ】メイクブラシを使ってアイシャドウをするポイントは?

2016年09月26日

【二重の方へ】メイクブラシを使ってアイシャドウをするポイントは?

 

 

二重の皆さんは、毎日どのようなことに気を付けてアイメイクをしていますか?

一重や奥二重の方に比べて目元がパッチリしている二重の皆さんは、

目元のメイクが派手になりすぎないように、きちんと意識してメイクをすることが大切です。

特にアイシャドウはカラーだけではなく、どのようにしてキレイに色を肌に馴染ませていくかも重用なポイントになります。

そこで是非活用して頂きたいのが【メイクブラシ】です。

メイクブラシは、いつものメイクをワンランクアップさせてくれるステキなアイテムなのです。

早速、詳しくご紹介していきますね!

 

 

■アイシャドウブラシってこんなに便利!

 

チークブラシは比較的使っている方が多いのですが、

アイシャドウを塗る場合はアイシャドウチップを愛用される方も多いと思います。

そもそも、アイシャドウチップとは目の際やハッキリと色をつけたい時には役立ちますが、

アイホール全体にメイクをするときには向いていません。

アイホール全体に柔らかく色をのせていく場合には、アイシャドウ専用のメイクブラシを使うことが一番です!

優しく色を肌に馴染ませていくだけではなく、

キリリと目元を締める濃いめのカラーやテクニックが必要なグラデーションカラーも楽に仕上げることができるのです。

アイシャドウのメイク1つで顔の印象が大きく変わってきますので、

メイクブラシを使って強弱のあるメイクを完成させていきましょう。

 

 

■二重の方は、メイクブラシを2本準備してください

 

二重は、アイメイクを楽しめる目のかたちです。

なぜなら、グラデーションなどの色の強弱を楽しむことができるからです。

そこで二重の方には、アイシャドウ専用のメイクブラシを【2本】準備されることをおすすめします。

アイホールなどの広い部分には、大きなブラシを使って優しく・柔らかく塗っていき、

まつげの際や二重の人の最大の特徴である「二重幅」などの狭い部分には、

小さくて細いメイクブラシでキリリと塗っていくのが良いでしょう。

 

 

いかがでしたか?

二重の方のポイントは【大・小2本のメイクブラシを使って、二重幅を活かすこと】です。

カラーに強弱をつけることで、よりパッチリとした魅力的な目元になることは間違いありません。

アイシャドウチップよりも、仕上がりがよく使い勝手の良いメイクブラシをポーチの中に入れて、

常に持ち歩くととても便利だと思います。

是非、お試しくださいね!

 

[amazon:c’All’,s’アイシャドーブラシ Ai brush -筒 ‘,t’sidebar.html’]