きれいのヒント

広島筆産業 > コラム > きれいのヒント > お外でも綺麗に見える!メイクブラシを使ってフェイスパウダーで綺麗に仕上げる

2019年04月11日

お外でも綺麗に見える!メイクブラシを使ってフェイスパウダーで綺麗に仕上げる

 

ファンデーションを塗りたくれば、美しい肌が出来上がるというわけではありません。厚塗りをしていると、外に出て太陽の光を浴びたときにファンデーションのヨレやシワが目立ってしまいます。
そこで活用して欲しいのが「メイクブラシ」と「フェイスパウダー」です。
この2つのアイテムを上手に使うことによって、お外でも綺麗に見える極上肌が出来上がります。
さて、どのように仕上げていけばよいのでしょうか?

 

この記事は、こんな人におすすめ

 

・肌を美しく見せたい
・外でも肌つやを良くしたい
・フェイスパウダーの使い方に困っている
・毎日フェイスパウダーを使う
・メイクブラシを使っている
・メイクブラシの活用テクニックが知りたい

 

フェイスパウダー用のメイクブラシのメリットは?

 

フェイスパウダー用のメイクブラシの最大のメリットは、パウダーがつきすぎて、厚化粧になるのを予防してくれるという点です。
手やパフを使うと、一部分にだけパウダーがついてしまうので、気を付けないとフェイスパウダーの塗りすぎにつながります。
でも、メイクブラシなら元々パウダーのつく量が少ないので、自分で調節がしやすいのがメリットです。
ふんわりとした仕上がりになるので、ナチュラルさを残したい時には、リキッドファンデーション+フェイスパウダーで充分です。

 

フェイスパウダー用のメイクブラシを選ぶ時のポイント

 

フェイスパウダー用のメイクブラシを選ぶ時には、以下の2つのポイントを重視するようにしましょう。

 

・広がっているブラシ
 (肌に触れる面積が大きいほど、まんべんなく付けられる)

・毛質がやわらかい
 (肌に直接触れるメイクブラシだからこそ、毛質がやわらかいものを選ぶ)

 

メイクブラシを使った、フェイスパウダーの正しい塗り方

 

メイクブラシを使った、フェイスパウダーの正しい塗り方をまとめてみました。
意識するだけで、メイクの仕上がりが違ってきます。
自宅でプロの仕上がりを目指しましょう。

 

〈事前準備〉

フェイスパウダーは、あくまでもベースメイクのひとつ。

最初に化粧下地、リキッドファンデーションを塗っておくこと。

 

1. フェイスパウダーを1度ブラシにつける。

 

2. ティッシュオフして、パウダーのつけすぎを防ぐ。

 

3.鼻→頬のラインを、小さな円を描くようにクルクルとブラシを回しながら塗っていく。
 内側から外側を意識する。

 

4. 鼻→おでこのラインも同じように塗っていく。

 

5. あご→耳の下にかけてのフェイスラインにも、さっと塗っていく。
 ※ 途中パウダーが足りなくなったら、1と2を繰り返す。

 

6. 仕上げに小鼻と目のまわりに塗る。
 この時、細めのメイクブラシに変えるのがおすすめ。

 

7. 顔全体にパウダーを塗ったら、メイクブラシについているパウダーを一旦落とす。
 ティッシュで拭き取るのを忘れずに。

 

8. パウダーのついていないメイクブラシで、顔全体をはたいて余計なパウダーを落としていく。

 

9. これで、ベースメイクの完成。チークやアイシャドウを塗るのは、この後のタイミング!

 

注意!メイクブラシは週1で洗おう

 

肌に直接触れるメイクブラシだからこそ、常に清潔にしておく必要があります。
メイクブラシには、見えない皮脂汚れ、ホコリ、メイクの成分がたくさんついているので、

週1回を目安にきちんと洗いましょう。

 

お手入れ方法はとても簡単!ぬるま湯でメイクブラシを洗った後、クレンジング剤で

汚れを落としたら、きちんと乾かすことが大切です。

 

まとめ

 

いかがでしたか?
今回は「メイクブラシを使ってフェイスパウダーで綺麗に仕上げる方法」をご紹介しました。
フェイスパウダー用のメイクブラシは、毛先がやわらかく扇形に広がっているものをおすすめします。

 

綺麗に仕上げるコツは、フェイスパウダーをつけすぎないことです!
ふんわりと肌にのせていくことが、自然で透明感の溢れる肌を作り上げます。