変わるのヒント

広島筆産業 > コラム > 変わるのヒント > これで大丈夫!ナチュラルなハンサム眉をつくるポイント

2017年12月14日

これで大丈夫!ナチュラルなハンサム眉をつくるポイント

「安室ちゃんみたいな、細眉に憧れていた」
「眉毛はできるだけ、右上がりがベスト!」
と思っていた時代もありましたね。
 
細めの女性らしい眉毛、しっかりと整えられた眉毛が主流でしたが、
最近はちょっと違います。
 
人気モデルや女性芸能人の間で2015年ごろから、
流行りだしてきたのが「ハンサム眉」です。
今までのトレンドとはちょっと雰囲気の違う眉毛なので、
興味はあるけれど、試すのに勇気がいるという人も多いでしょう。
 
そこで今回は「ナチュラルなハンサム眉」をつくるポイントをご紹介していきます。
 
 
 
ハンサム眉ってなに?
 
2015年ごろから、黒髪やロングヘアーに似合う眉として、
人気モデルの間でトレンドとなったハンサム眉。
次第に、おしゃれに敏感な女性たちの間にも浸透していき、
2017年の冬にはトレンド眉と呼んでもふさわしくなりました。
バッチリメイクの着飾った自分ではなく、
自分自身のナチュラルな魅力を引き出してくれる眉として、人気は高まるばかりです。
 
 
ハンサム眉を作るポイント1.眉毛を生やそう
 
今までは、眉毛が伸びてくると「あ、整えなくちゃ」と思ったり、
眉毛が生えている自分に何となく違和感を覚えてきたかもしれません。
 
しかしながら、ナチュラルなハンサム眉に仕上げるためには、
自分の眉毛を伸ばすことが大前提!
これからは、眉毛をいかにキレイに生やしていくかをポイントとしましょう。
 
そして、少しずつ眉毛を太くしていくのです。
ハンサム眉の場合、眉頭のボリュームは必要不可欠です。
バラバラに生えてくると気になるでしょうが、
一度思いっ切り生やしてボリュームアップをしてから、
眉頭の形を整えていくことをおすすめします。
 
 
ハンサム眉を作るポイント2.メイクブラシで毛の立体感をプラス
 
ナチュラルなハンサム眉はフサフサ感も大切なので、
できるだけ毛を立ちあがらせて眉毛1本1本の間に空間を作り上げましょう。
メイクブラシを使って、毛の流れとは逆に立たせるようにブラッシングをした後に、
通常の毛の流れに戻せば、ボリューム感を残しつつ整ったハンサム眉の完成です。
 
「ハンサム眉=ボサボサ眉」だと勘違いしている人がいますが、全く違います。
 
髪の毛と同じように眉毛にも寝癖が付きますから、
メイクブラシを使って、毛の流れを整えてあげるだけでズボラ感が無くなるのです。
 
 
ハンサム眉を作るポイント3.足りない部分はメイクブラシでアイブロウ
 
「眉毛を生やしている途中だけど、ハンサム眉になりたい」という人もいるでしょう。
そういう時は、足りない部分はメイクブラシを使って、アイブロウで足していきましょう。
 
ただし、あくまでも自毛を活かすことを念頭に置いて、
アイブロウパウダーも基本的に薄めです。
細めのメイクブラシの先にアイブロウパウダーを付けたら、
一度ティッシュオフして余分なパウダーを落とします。
その後、眉毛1本1本を軽めのタッチで描いていきましょう。
ハンサム眉は、パウダーもしっかりとのせていくのだと勘違いする人も多いのですが、
ナチュラルさを大切にしたいので、軽めが基本です。