きれいのヒント

広島筆産業 > コラム > きれいのヒント > 新生活に備えて、、、初対面でも好印象メイクのポイント

2018年01月09日

新生活に備えて、、、初対面でも好印象メイクのポイント


 
1 アイカラーは肌なじみの良い色を選ぶ
 
お薦めアイカラー
 
第一印象アップメイクの5つの基本ポイントを紹介していきます。
 
まず1つ目はアイカラーの色について。
お薦めは、ベージュ、ベージュ系ピンク、ブラウン系などで、
青や黒など強すぎる色はNGです。
肌なじみの良い色で、目元に自然な陰影をつけましょう。
 
また、上品な輝きのパールを含んだアイカラーはお薦めですが、
ギラギラとしたラメを含んだ質感のものは、
派手すぎる印象を与えてしまうので避けましょう。
 
 
 
ポイント2 初めから濃く入れず、少しずつ足していく
 
ブラシは濃く発色させたいところから置く
 
アイカラーをブラシやチップにとったら、
余分な粉をティッシュや手の甲で一度はらうことを習慣にしましょう。
 
メイクは少しずつ補うのが基本です。
初めから濃くつけてしまうと、修正が難しく時間がかかり、
きれいに仕上がりません。
 
ブラシを最初にのせる場所は、濃く発色させ奥行きを出したいところなので、
黒目の外側から目尻側を中心にのせ、目元の立体感を演出しましょう。
 
 
 
ポイント3 きちんと塗る、ぼかす、重ねる
 
ぼかす、重ねるを丁寧にする
 
手間を惜しまず、塗りを丁寧に仕上げます。
 
アイラインや眉を描いたらそのままにせず、
眉頭は必ずぼかし、眉尻はスッキリと伸ばしましょう。
 
アイラインにはアイシャドウを重ね塗りし、自然なメリハリをつけます。
 
 
 
ポイント4 口元のライン取りも丁寧に
 
口紅で色味をプラスし軽くグロスを塗る
 
リップは、グロスのみだとカジュアルな印象に仕上がります。
上品な口元を演出する為には輪郭をスッキリと描き、
口紅で色味をプラスした後、軽くグロスを塗ります。
 
リップペンシルを使うと、口紅もにじみにくく美しいラインが描きやすいです。
 
 
サーモンピンクやベージュ系ピンクがお薦め
 
唇の色が強い場合は、コンシーラーなどで色味を抑えてから塗りましょう。
リップカラーも肌なじみの良い、サーモンピンクやベージュ系ピンクがお薦めです。
 
 
 
ポイント5 各パーツのメイクバランスは均等に
 
全体の強さのバランスを整えましょう
 
口元重視、あるいは目元バッチリ…と、
一部のパーツだけ目立つメイクは、好感度アップの観点からいうとNG。
 
全体にメイクの強さのバランスを均一に整え、きちんとした印象に見せましょう。