楽しいのヒント

広島筆産業 > コラム > 楽しいのヒント > 深みのバーガンディ―カラーメイク!スッキリ仕上げるコツは?

2018年10月25日

深みのバーガンディ―カラーメイク!スッキリ仕上げるコツは?

最近、よく聞かれることが多くなった「バーガンディ―カラー」。
トレンドカラーであることは知っていても、
いったいどんな色合いなのか分からないという人も多いはず!
一言で表現するならば、秋におすすめの深みのあるカラーと言えるでしょう。
そこで今回は「バーガンディ―カラーメイク」について、徹底研究していきます。
重くなりすぎずに、すっきりと仕上げていくコツをまとめてみました。

 
 

バーガンディ―カラーってどんな色?

 
女性雑誌やテレビ番組のファッション特集でも、
最近よく聞かれるようになった「バーガンディ―カラー」。
なんとなくイメージはできるけれど、詳しい色合いはよく分からないという人のために、
バーガンディ―カラーについて詳しくご説明していきます。
 
バーガンディ―カラーは、一見ボルドーと似たような色です。
それもそのはず!
バーガンディ―カラーもボルドーもワイン由来の色なので、似た者同士なのです。
両方の色ともブルーベースの色味となっていますが、
「バーガンディ=ごく暗く紫味の強い赤」で、
「ボルドー=ごく暗い赤」となっています。
とても微妙な違いではありますが、明らかに違う色です。
 
バーガンディ―カラーは夏~秋にかけての色で、ボルドーは冬の色味と言われています。

 

バーガンディ―カラーメイクのメリット・デメリット

 
<メリット>

・大人っぽい雰囲気に仕上げられる
・色っぽい
・艶やか
・引き込まれる深みが魅力的

 

<デメリット>

・目が腫れぼったい印象になる
・重い印象になりがち

 
 

バーガンディカラーメイクのポイント

 

ここからは、バーガンディ―カラーメイクのポイントをご紹介していきます。
ぜひ、参考にしてください。

 

ポイント1.バーガンディカラー初心者はアイライナーから!

バーガンディ―カラーメイク初心者の人は、
「重い印象になりすぎるのではないか」と心配になってしまうでしょう。
そこで、初心者におすすめなのが「アイライン」です。
肌馴染みがよく、アイシャドウと組み合わせられるアイライナーは、重くなりすぎることがありません。
血色感があるバーガンディーカラーは、目立ちすぎなくて人気です。
細いメイクブラシで、肌にしっかりと馴染ませながら引いていけば、メイク崩れも少なくなります。

 

ポイント2.アイブロウの仕上げにバーガンディーカラー

髪の毛や肌の色に合わせて、眉毛も自由に遊んでみましょう。
基本的にはブラウン系の色合いに仕上げていきますが、
最後のアクセントにバーガンディーカラーを使うのです。
眉毛用のメイクブラシに、バーガンディーパウダーを軽く取り、眉毛の上に軽くのせていきます。
これだけで、眉毛の色合いがパッと明るくなり、顔の印象も華やかになるでしょう。
付けすぎは禁物です!
ですから、メイクブラシにつけたパウダーは、一度ティッシュオフをしておくことをおすすめします。

 
 

まとめ

 

今回は「バーガンディーカラー」についてご紹介しました。
深みがある色合いですが、メイク方法によっては、
顔に華やかさをプラスするカラーにもなります。
初心者は、ぜひアイラインから試してみてはいかがでしょうか。