楽しいのヒント

広島筆産業 > コラム > 楽しいのヒント > 顔の輪郭別チークの入れ方・色の選び方

2017年11月20日

顔の輪郭別チークの入れ方・色の選び方


 
ただ何となく、チークを入れているのなら、今日から改めましょう。
 
100人いれば100通りの顔の形があり、
自分を美しく魅せるためには、自分の顔の特徴をしっかりと押さえた
「自己プロデュースメイク」をしていく必要があります。
 
そこで今回は「顔の輪郭別☆チークの入れ方&カラー」をご紹介していきます。
丸顔・たまご型・面長・逆三角形・四角の5つの顔の輪郭別にまとめてみました。
 
 

キュートな丸顔さんにオススメのチークの入れ方&チークカラー

 
丸顔さんは、ぽっちゃりとした顔の印象になりやすい、
癒し&可愛いイメージが似合う輪郭をしています。
ですから、チークで少しシャープな印象を取り入れていくことをおすすめします。
頬の一番高い部分→耳の下に向けて、
シュッとシャープなラインをメイクブラシで入れていきましょう。
オススメのカラーは、自然と顔が引き締まる濃いめのオレンジです。
薄めのチークカラーは膨張色ですので、少し濃い色をお選びになると良いでしょう。
 
 

理想の輪郭、たまご型さんにオススメのチークの入れ方&チークカラー

 
日本人に比較的多い輪郭なのが、たまご型さんです。
こちらの輪郭は、スタンダードなチークの入れ方が一番馴染みます。
メイクブラシに適度にチークをつけて、
頬の一番高い位置にクルクルと円を描くようにチークを付けていきましょう。
中くらいのサイズのメイクブラシがオススメです。
カラーは、基本的に何でも似合ってしまうたまご型さんですが、
濃いめのピンクを付けるとキュートな自分を演出できます。
 
 

大人っぽい印象の面長さんにオススメのチークの入れ方&チークカラー

 
顔がやや縦に長めの面長さんは、
頬の上部にチークをしてしまうと、鼻から下が長く見えてしまう可能性があるので、
頬の一番高いところではなく、少し下の方に塗りましょう。
メイクブラシを使って、頬の下部に楕円形に塗っていくイメージです。
できるだけ顔を横長に見せるためにも、チークの位置を真ん中に寄せすぎないようにして下さい。
楕円形のチークが肌にすんなり馴染むように、グラデーションカラーチークがオススメです。
 
 

シャープな逆三角形型さんにオススメのチークの入れ方&チークカラー

 
スマートな輪郭の逆三角形さんの悩みは、可愛らしさです。
どうしてもシャープな印象に見られがちな逆三角形の輪郭の方には、
「頬のやや上に、真ん丸チーク」がポイントです。
頬の上部に、メイクブラシで円を描くように真ん丸にチークを塗れば、可愛らしさがアップします。
オススメカラーは、可愛らしさをアップする、薄いピンクです。
 
 

しっかり四角型さんにオススメのチークの入れ方&チークカラー

 
最大のコンプレックスは「エラ」と答える人が多い、輪郭です。
輪郭を目立たなくするためにメイクブラシを使って、
頬の一番高い部分&黒目よりも外側に、丸い形のチークをいれて下さい。
不自然でないように、少し楕円形にするのも良いでしょう。
オススメのチークカラーは、オレンジ系のグラデーションチークです。
外側を濃いめ、そして内側を薄めのオレンジにして、カラーに濃淡を付けてみてはいかがでしょうか。