きれいのヒント

広島筆産業 > コラム > きれいのヒント > Wテクを伝授!2本のメイクブラシで極上肌を手に入れよう

2016年04月15日

Wテクを伝授!2本のメイクブラシで極上肌を手に入れよう

 

スッピンの状態から、フルメイクの状態までで、1番重要なメイク工程は何でしょうか?

「目元」「口元」とお答えになる方もいるでしょうが、1番重要なのは「ベースメイク」です。

ベースとなる肌は年齢がダイレクトに出てしまう部分なので、美しく魅せたいのなら、きちんと手を抜かずにメイクをしていくようにしましょう。

そこで今回は、メイクブラシのWテクニックを使って、極上の肌を手に入れる方法をご紹介します。

準備するのは「リキッドファンデーションブラシ」と「コンシーラーブラシ」の2本です。

一緒に確認していきましょうね。

 

 

リキッドファンデーションブラシの正しい使い方

 

まず、リキッドファンデーションはメイクブラシには付けずに、直接肌に付けるようにしましょう。

両頬やおでこ、あごの部分にそれぞれ豆粒1つ分ほどのファンデーションを直接おいておきます。ブラシで肌を撫でるように優しくタッチしていきながら、メイクブラシの表面にファンデーションを付けていきましょう。

ブラシにファンデーションが馴染んだら、後はまんべんなく顔全体に広げていけばよいのです。市販のファンデーションブラシを購入する時には、ファンデーションの種類によってブラシの選び方も違うことをしっかりと認識しておいてくださいね。

 

 

Wテク!コンシーラーブラシで仕上げて、極上素肌

 

メイクブラシを使って、リキッドファンデーションを顔全体にまんべんなく塗った後は、気になるシミやニキビ跡にコンシーラーブラシを使用して、しっかりとカバーしていきましょう。

コンシーラーブラシに少量のコンシーラーを取って、ピンポイントに塗って下さい。その後トントンと軽く叩くように、周辺の肌に馴染ませるようにすれば、キレイな陶器肌の出来上がりです。

リキッドファンデーションブラシとコンシーラーブラシをダブルで使うことで、普段よりも数倍美しい肌が出来上がります。

 

 

お約束!メイクブラシに付けるのはごく少量で

 

リキッドファンデーションブラシでもコンシーラーブラシでも、ブラシを使うときのメイクアイテムの量は出来るだけ少なくすることをオススメします。

一度に取りすぎると厚塗りになるだけで、キレイな陶器肌は出来上がりません。注意して下さいね。

 

いかがでしたか?今回は、メイクブラシのWテクニックで美しくなる方法をご紹介しました。メイクブラシは用途によってきちんと使い分けることで、その効果を最大限に発揮します。

ポーチの中に使い勝手の良いメイクブラシを、何本か入れておいてはいかがでしょうか。

高い化粧品を使わなくても、メイクブラシ1本でメイクの仕上がりをレベルアップすることが出来ますよ。

 

 

 

 

 

[amazon:c’All’,s’ コンシーラー  Ai brush ‘,t’sidebar.html’]